時候の挨拶②

trees-1789120_640

時候の挨拶はだいたい暦の流れで決まってきます。

しかし、特に親しい方への私的な手紙の場合はその時その時の気候に合わせて変化します。

相手の方の体調やその時の状況によって言葉を変えていきましょう。

「時候の挨拶」の後に「安否の挨拶」を続けて書くと、すっきりと読みやすい文章に仕上がります。

時候の挨拶例

●7

ビジネス文書用

・仲夏の候・盛夏のみぎり・猛暑の候

親しい方へ

・涼しげな風鈴の音が聞こえてくる季節となりました。

●8

ビジネス文書用

・向秋の候・暮夏のみぎり・納涼の候

親しい方へ

・暑さもやっと峠を越えたようですが、お元気ですか。

●9

ビジネス文書用

・早秋の候・初秋のみぎり・仲秋の候

親しい方へ

・澄んだ秋空が気持ちの良い季節となりました。

●10

ビジネス文書用

・清秋の候・秋涼のみぎり・錦秋の候

親しい方へ

・街路樹が少しずつ色付き始める季節となりましたが、皆様お変わりなくお過ごしですか。

●11

ビジネス文書用

・晩秋の候・晩秋のみぎり・向寒の候

親しい方へ

・枯葉の舞い散る季節となりましたが、変わらずにお過ごしでしょうか。

●12

ビジネス文書用

・初冬の候・師走のみぎり・初雪の候

親しい方へ

・今年も残すところあとわずかとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

winter-654442_640