手紙の構成

手紙には基本的な構成が決まっています。

これさえ守れば美しい手紙になるでしょう。

目上の方に出す手紙や、改まったお礼状、挨拶状を書くのに必要なマナーにもなるので

この機会に覚えておくといざという時に自信になります。

手紙の方向

目上の方や改まった手紙を書く場合、白無地の縦書き便せんにしましょう。

親しい方に手紙を書く場合は横書きの便せんでもかまいません。

手紙の基本構成

前文と主文、末文、後付けから成り立つ手紙。

場合によっては後付けの後に副文(追伸)を使用します。

基本構成は手紙の方向がどちらでも同じです。

前文

「拝啓」「前略」などの「頭語」

「晩夏の候」などの季節や天候に応じた「時候の挨拶」

「いかがお過ごしでしょうか」などの「安否を尋ねる挨拶」

の順で綴っていきます。

自分たちの現状やお世話になった感謝の言葉、ご無沙汰への侘びも付け加えます。

主文

「さて」「先日は」などの「起語」からはじめ、本題となる「本文」に繋げます。

目上の方に出す手紙には敬語の使い方、誤字脱字に気をつけましょう。

末文

「ご自愛をお祈り申し上げます」などの「結びの挨拶」から「敬具」「草々」など、「頭語」に合わせた「結語」を書きます。

「頭語」を省略した場合は「結語」も不要です。

後付け

省略してもかまいませんが「日付け」、親しい方に出すなら下の名前でもかまわない「署名」、フルネームで本文よりも少し大きめの字で書く「宛名」。

副文

「本文」で書き忘れた要件を付け足す「追伸」。ただし目上の方に宛てた手紙であれば使用しないのがマナーです。

弔辞や結婚、お見舞いなど重なるイメージがタブーになる手紙には使用しません。