時候の挨拶②

trees-1789120_640

時候の挨拶はだいたい暦の流れで決まってきます。

しかし、特に親しい方への私的な手紙の場合はその時その時の気候に合わせて変化します。

相手の方の体調やその時の状況によって言葉を変えていきましょう。

「時候の挨拶」の後に「安否の挨拶」を続けて書くと、すっきりと読みやすい文章に仕上がります。

時候の挨拶例

●7

ビジネス文書用

・仲夏の候・盛夏のみぎり・猛暑の候

親しい方へ

・涼しげな風鈴の音が聞こえてくる季節となりました。

●8

ビジネス文書用

・向秋の候・暮夏のみぎり・納涼の候

親しい方へ

・暑さもやっと峠を越えたようですが、お元気ですか。

●9

ビジネス文書用

・早秋の候・初秋のみぎり・仲秋の候

親しい方へ

・澄んだ秋空が気持ちの良い季節となりました。

●10

ビジネス文書用

・清秋の候・秋涼のみぎり・錦秋の候

親しい方へ

・街路樹が少しずつ色付き始める季節となりましたが、皆様お変わりなくお過ごしですか。

●11

ビジネス文書用

・晩秋の候・晩秋のみぎり・向寒の候

親しい方へ

・枯葉の舞い散る季節となりましたが、変わらずにお過ごしでしょうか。

●12

ビジネス文書用

・初冬の候・師走のみぎり・初雪の候

親しい方へ

・今年も残すところあとわずかとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

winter-654442_640


時候の挨拶①

  natural-1225186_640

国語で学習する際、のめり込む方と苦手に感じる方がいる「時候の挨拶」。

季節感を表す礼儀分で「拝啓」や「前略」の後に1文字分あけて書き出します。

公的な手紙、社外用のビジネス文書に使う「~の候」「~のみぎり」「~の折」などの時候の挨拶。

私的な手紙では口語調で親しみやすい文章を書きましょう。

時候の挨拶例

●1

ビジネス文書用

・初春の候・新春のみぎり・厳寒の候

親しい方へ

・初春とは名ばかりの、寒い日が続いております。

●2

ビジネス文書用

・立春の候・残寒のみぎり・向春の候

親しい方へ

・寒さも少しずつゆるみはじめましたが、いかがお過ごしでしょうか。

●3

ビジネス文書用

・春分の候・早春のみぎり・春陽の候

親しい方へ

・花冷えの季節ですが、お元気でお過ごしでしょうか。

●4

ビジネス文書用

・春和の候・春日のみぎり・桜花の候

親しい方へ

・サクラの頼りが聞こえてくる今日この頃ですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

●5

ビジネス文書用

・初夏の候・深緑のみぎり・若葉の候

親しい方へ

・新緑が心地の良い季節となりました。

●6

ビジネス文書用

・長雨の候・入梅のみぎり・青葉の候

親しい方へ

・紫陽花が雨に映える季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

sun-flower-1536088_640


手紙の構成

手紙には基本的な構成が決まっています。

これさえ守れば美しい手紙になるでしょう。

目上の方に出す手紙や、改まったお礼状、挨拶状を書くのに必要なマナーにもなるので

この機会に覚えておくといざという時に自信になります。

手紙の方向

目上の方や改まった手紙を書く場合、白無地の縦書き便せんにしましょう。

親しい方に手紙を書く場合は横書きの便せんでもかまいません。

手紙の基本構成

前文と主文、末文、後付けから成り立つ手紙。

場合によっては後付けの後に副文(追伸)を使用します。

基本構成は手紙の方向がどちらでも同じです。

前文

「拝啓」「前略」などの「頭語」

「晩夏の候」などの季節や天候に応じた「時候の挨拶」

「いかがお過ごしでしょうか」などの「安否を尋ねる挨拶」

の順で綴っていきます。

自分たちの現状やお世話になった感謝の言葉、ご無沙汰への侘びも付け加えます。

主文

「さて」「先日は」などの「起語」からはじめ、本題となる「本文」に繋げます。

目上の方に出す手紙には敬語の使い方、誤字脱字に気をつけましょう。

末文

「ご自愛をお祈り申し上げます」などの「結びの挨拶」から「敬具」「草々」など、「頭語」に合わせた「結語」を書きます。

「頭語」を省略した場合は「結語」も不要です。

後付け

省略してもかまいませんが「日付け」、親しい方に出すなら下の名前でもかまわない「署名」、フルネームで本文よりも少し大きめの字で書く「宛名」。

副文

「本文」で書き忘れた要件を付け足す「追伸」。ただし目上の方に宛てた手紙であれば使用しないのがマナーです。

弔辞や結婚、お見舞いなど重なるイメージがタブーになる手紙には使用しません。


手書き代筆

最近いつ手書きの手紙を出されましたか?

パソコンやスマートフォンが普及している昨今。

手紙やはがきを書く行為は激減しているでしょう。

郵便局の年賀状の発行枚数も年々減少しています。

だからこそ手紙やはがきを書くことは

相手の記憶に残り、相手の手元に残るぬくもりを伝えることになります。

一番近くて一番大切にしている方にこそ

メールやLINEで手軽にメッセージを伝えてしまいますが

手書きの文章なら送る側の気持ちも伝えることが可能ですし

ちょっとした工夫で、送り主の雰囲気、香りを手紙に込めることも出来ます。

よくテレビで「映像ではニオイまで伝わらない」ということを聞きますが

まさにそれです。

メールやLINEではちょっとした気持ちの行き違いが関係をこわすことにもなりかねませんからね。

手紙であれば自然と何度も読み返しますが、メールやLINEはやりとりのスピードも関わってきます。

手書きのぬくもり

「代筆サービス」ではペンや万年筆で原稿を作成します。

生涯学習のコースでもペン習字などは人気です。

「美文字」を書く事によって好感をもってもらえます。

もちろん文章を考えて頂いて、清書のみをご依頼いただくことも出来ます。

ちょっとした感謝のメッセージの作成などにご利用下さい。


企業用ブログ・メルマガ

twitter-292994_640

フリーランスの方が増えてきている昨今。

個人で仕事をしていると、自分のマネージメントから外への情報発信まで

何もかもを自分自身でやらなければなりません。

クライアントにメルマガを発行しなければならない

ブログも執筆しなければならない

なのに時間がない

という方は多くいらっしゃるでしょう。

メルマガやブログは仕事上の売り込みをするために有効なツールです。

しかしそこまで手が回らないし、時間もない。

そんな方は「代筆サービス」を利用されてみてはいかがでしょうか。

売り上げアップに繋がる

メルマガやブログは取り扱っている商品やサービスをお客様に伝えるのに有効なツール。

伝えたい事を的確・明確に伝えれば売り上げアップに繋がります。

しかし、メルマガもブログも定期的に情報発信を行っていなければ行けないので

時間を確保することが出来ないと難しいものです。

集客活動にとって欠かす事が出来ないツールが、定期的に情報発信ができないことによって

客離れを興してしまう事もあるので気をつけなければなりません。

「代筆サービス」を利用する場合、発信しなければならない情報、発信したい情報さえあれば

季節やトレンドに合った文章でユーザーにニーズによりよく応えることが出来ます。


プロフィール

婚活されていますか?

最近ではお付き合いをしているお相手がいらっしゃらず

婚活サイトや結婚相談所で直接結婚相手を探されるケースも増えてきています。

そういった場合、お見合いをするためにご自身のプロフィールを用意するのですが

どのように自分をアピールしたらいいのか、何をかいたらいいのかわからないという声を耳にします。

実際に結婚相談所の入会に際しても、プロフィールを入力する段階で止まってしまう方もいらっしゃるそうです。

特に忙しいから結婚相談所に来たのに、プロフィールなんか書く時間がないという方は、「代筆サービス」を利用されてはいかがでしょうか。

重要なプロフィール

婚活サイトや結婚相談所ではマッチングや、写真でしか分からない相手へお見合いをOKする判断をプロフィールによって行われます。

プロフィールは非常に重要なのです。

付き合ったらどんな感じか、結婚したらどんな感じかまで思い描く方もいらっしゃいます。

自分ではしっかり書けた

と思っているお見合い用プロフィールなのに、いっこうにお見合いが申し込まれない、もしくは申し込んでも断られてしまうという経験はありませんか。

婚活サイトなどで実際に目にするプロフィールは、中身がほとんど書かれていない物は相手を判断することが出来ずにお見合いを申し込まれても見送ってしまいます。

逆に文字ばかりになると読むのが面倒になって読み飛ばしてしまうことがあるでしょう。

長すぎず短すぎないバランスが大切なのです。


ラブレター・プロポーズ

7c59f961b38b92e2381150359db062ae_s

片思いの方に気持ちを分かって欲しい。

大切な方に思いを伝えたい。

熱い気持ちをただただ手紙に込めるのがラブレター。

現代はメールやLINEなどのSNS、その他にも様々なコミュニケーションツールがありますが

「告白」するなら「手紙」で伝えたいものです。

今だからこそ手紙で強く心に響かせることが出来ます。

伝えたい思いがあるのにどう表現して良いのか分からないという方

その熱い思いをぜひ「代筆サービス」を利用してみて下さい。

決して恥ずかしいことではない

片思いの相手だけでなく、旦那様や奥様、大切に思っている方に気持ちを伝えるのは大切な事です。

この機会にいつもは照れくさくて伝えられない気持ちを綴ってみませんか。

「代筆サービス」に頼むのが恥ずかしいという方、いらっしゃるかもしれません。

お店の店員さんに彼、彼女へのプレゼントを相談するくらいの気持ちで利用されてみて下さい。

プロポーズの言葉

人生に一度だけのプロポーズは大切なもの。

自分の中にそっととっておきたい宝物です。

ふとした瞬間に、結婚記念日に、思い出す事は多々あります。

そんな大切な言葉だからこそ、ずっと記憶に残る言葉を贈りましょう。

あふれる気持ちをうまく言葉に出来ないという方は「代筆サービス」をこっそり利用しましょう。


こんな方におすすめです

「代筆サービス」といっても

勝手に書いたり、逆にご依頼された言葉通りに書いたり、ということもありません。

まずはメールや電話にて丁寧にカウンセリングをさせていただきます。

その上で伝えたい側の声をしっかり受け取って、出来るだけそのお声や気持ちに沿った内容で作成します。

伝えたい気持ちがあっても、文章にしたときに何を伝えたいのかわからないと

その思いも半減してしまいます。

日々代筆をさせていただいている職業上の客観的な視点から文章を考え

受け取る側に伝わる文章を表現していくのです。

祝辞や弔辞などの使用してはいけない言葉や表現、その場に応じた言葉遣いなどの礼儀など、

慣れないと気をつけなければいけないことすら気づかない場合もあります。

そんな時にも「代筆サービス」を利用しておけば、良くも悪くも動揺している時には安心できるでしょう。

こんな方におすすめ

・急に依頼をされ、自分で作成する時間が無い

 弔辞の場合はもちろんのこと、自分が思いがけない状態で依頼されることがあります。

・文章を書くのが苦手

 意外と多い文章に苦手意識がある方。礼節を重んじるあまりに苦手に感じる方も多いようです。

・いざ自分でと思っただけで緊張してしまう

 自分で書けると思っているのに、紙とペンを前にして頭が真っ白になってしまうという方いらっしゃいませんか。

・書きたいことはあるが、どう表現していいのか分からない

 自分の気持ちを文章にするのは、対面で紡ぐ言葉より表現方法が難しいものです。

ea5e8b4276c385432d240344ebafd58f_s